開発事例

自動認識装置の開発

  • 開発言語: C++
  • 対象OS: Linux
  • 開発者: 2人
  • 利用技術: LLRP通信、MQTT通信、ソケット通信
RFIDを貼った荷物がモーションセンサー前を通過する契機でRFIDリーダ(LLRP通信)からアンテナ経由で搬送波を出し、RFIDタグの反射波を読み取るシステムです。読み取った情報はAWS(MQTT通信)や、PLC(ソケット通信)へ通知します。

自動認識装置構成図

企業向けグループウェア開発

  • 開発言語: Java 5
  • 対象OS: Linux
  • データベース: PostgreSQL 7.4
  • 開発者: 4人
  • 利用技術: Springframework 2.5, MyFaces 1.2, iBatis 2.3
機能として、カレンダーをメイン画面としたスケジュール管理、タスク管理を持つアプリケーションです。 プラグインの形でWiki, Webメール機能を提供しています。SpringframeworkのDIを利用する事により、 レイヤー毎のクラスの依存関係を排除し、テスト容易性の向上、メンテナンス性の向上、開発工数の削減を実現しました。
グループウェア構成図

グループウェア構成図

携帯電話向け Bluetooth 制御組み込みアプリ開発

  • 開発言語: C++
  • 対象OS: REX
  • データベース: 未使用
  • 開発者: 5人
  • 利用技術: リアルタイム OS 上での開発知識, Bluetooth 規格についての知識
携帯電話に搭載された Bluetooth を制御するアプリの開発です。 機器毎にプロファイルを実装することで多種多様な機器との接続を可能としています。
Bluetooth連携図

Bluetooth連携図

損保システム開発

  • 開発言語: VB.NET, Java, C++, COBOL
  • 対象OS: Windows
  • データベース: Sybase
  • 開発者: 6人
  • 利用技術: 各アプリケーションサーバに対する詳細な知識
全国の損保契約の契約情報を一元管理するWEBアプリを運用しているアプリケーションサーバを、 Websphere環境からtomcat環境へマイグレーションする、及びそれに伴う機能拡張を行いました。 GUIをVB.NET、ビジネスロジックをJava、 各拠点サーバをバッチ処理(C++)を介してホストコンピュータと通信を行う大規模システムです。 テスト実施のためにCOBOLで書かれたホストコンピュータ内のソースの解析も必要でした。
損保システム構成図

損保システム構成図

プロジェクト進捗管理システム開発

  • 開発言語: Java
  • 対象OS: Windows
  • データベース: SQLServer
  • 開発者: 6人
  • 利用技術: Ajaxによる開発技術
大企業における多種多様な開発プロジェクトの進捗状況を一元管理するWEBアプリの開発です。 Ajaxを利用し、RIAとすることで利便性を向上しました。
プロジェクト進捗管理イメージ図

プロジェクト進捗管理イメージ図

IP電話ショッピングの電子決済システム開発

  • 開発言語: Java, C#
  • 対象OS: Windows
  • データベース: PostgreSQL
  • 開発者: 4人
  • 利用技術: SIP
インターネットを介した、電子マネーによるリアルタイム決済を目的としたシステムのプロトタイプを開発しました。 ユーザーがオペレーターに電話で商品を注文し、オペレーターは在庫確認後、発注処理を行うシステムです。 ユーザーはネットワークに接続されたカードリーダーと電子マネーを使用することで即時決済を実現しました。 ビジネスロジックをJava、クライアント(オペレータ側)をC#で構築しています。
IP電話ショッピング構成図

IP電話ショッピング構成図